トップページ | コンセプト | パッティングストローク分析 | オリジナルパター | カスタマイズ | パブリシティ | ダックビルゴルフについて
| お得なキャンペーン

ダックビルゴルフのコンセプト

なぜパッティングが重要か?


250ヤード以上飛ばすドライバーショットもゴルフというスポーツの醍醐味ではありますが、 わずか10cmでも、たとえ1cmでも同じ一打になるのがゴルフという競技です。

ドライバーショットも、アイアンショットも「だいたいあの辺に」と漠然と打てるクラブですが、 パターに関しては、 わずかボール3つ分の大きさしかない穴に入れなければならないシビアなクラブです。

上級者になるほど、アプローチとパッティングがうまく、例えパーオンできなくても寄せてパーをとってきます。ワンピン前後に寄れば、1回のパットでボールを沈められる確率が高いのが上級者です。



みなさんもきっと頭ではわかっていると思います


ですが、練習場に行って練習するのは主にドライバーとアイアン、ウェッジはこれらより若干練習量が少ないのが現状でしょう



さて、みなさんはパターの練習はどこでしているでしょうか?


ほとんどの方のパター練習は、当日の練習グリーンでスタートの直前に長くて5分くらいではないでしょうか?

一番スコアで差が出るパッティングがこのような状況では、スコアが良くなるはずがありません、少しパッティングの重要性がわかっている方は自宅にパッティングマットくらいはあるかもしれません、しかしそれも最初は使っていたけど日常的に使われてはいないでしょう。



ではどうしたらいいか?その方法をみなさんと考えるのが「ダックビルゴルフ」です


info@duckbillgolf.com





All Rights Reserved, Copyright(C) 2009, Hitoshi Endoh